【ブログ】21日間完全断食実行中 2日目

おがくず風呂

4月5日 断食2日目

早朝、TBSテレビ白熱ライブビビットの収録後、東京駅八重洲から出ている高速バスで一路君津へ。はぎの里到着後、早速梅醤番茶の歓待を受ける。その後、恒例のおがくず風呂で汗を流す。これは京都から取り寄せた檜のおがくずを、北村先生が独自の自家製酵素で発酵させて発酵熱を発生させているものです。ここに、埋めてもらって、15分程度体を温めます。私は実は、熱いのが苦手で、5分もすると苦しくなり、10分位すると、だんだん我慢の限界、しまいには、自分で下から掘って出てきてしまうことがほとんど。なかなか15分ずっと埋まって汗を絞るというのはできません。それでも、5分もしないうちに滝のように汗をかきますので、体の中から、毒素が出ているというのを一番実感できます。

おがくず風呂

このおがくず風呂の洗礼ですっかり疲れてしまい、この日は夜の8時には寝てしまいました。

体重は、54.8キロまで落ちました。たった、一昼夜でいきなり2.4キロの減です。これはいかにこれまでの生活が暴飲暴食の上に成り立っていたかと言う事を物語っています。中身のない体だったわけです。

本当の成果はこれからという事になろうかと思います。

続きはまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽に弁護士法人DREAMまでお問い合わせください。

03-5577-2844

メール問い合わせ