【ブログ】21日間完全断食実行中 3~5日目

特醸酵素

4月6日~8日 断食3日目~5日目

4泊5日のはぎの里での山籠もりの中3日間。基本的な生活は、朝7時起床 梅醤油番茶をいただく。その後、おがくず風呂と吸い玉療法(ワイングラスを伏せたような器具を背中に貼り付けて、吸引して悪血をとる方法)を1日3回繰り返すという暮らしです。

三年番茶のほか、道場の指導者北村先生のお手製の特醸酵素(野菜や果物を発酵させた酵素ドリンク)をいただきます。

特醸酵素

しかし、これが結構甘い。オリゴ糖で野菜や果物のエキスを抽出するので仕方ないとは言え、私は甘いものが苦手なので、これを飲むのがかなり苦痛ではあります。

さて、何度もここにはお世話になったのですが、今度ほど、眠ってばかりいたのは初めて。昨年ここに来たときは6尺棒を担いで、鹿野山の山頂付近にある九十九谷公園まで出かけて棒を振って稽古していたりしたのですが、今回はとてもとても、無理。おがくず風呂の後はぐったりで、ほぼ眠ってるだけ。こんなに眠っちゃって良いのかと思うくらい、ただただ、眠っている。断食というのは体の悪いところを自分で直そうという自然治癒力がたかまり、そのために、自分の体を寝かせてしまうらしいのですが、まあ本当に我ながらよく寝る。よっぽどどっか、悪いんだろうか。

中三日の最終日には北島先生がご来所になり、お話しを聞くことができました。今回の断食のきっかけとなった、母の闘病をきっかけに、ガンという病気はなぜ起きるのか、ガンに対する日本の医療はこれでいいのだろうか、という、ふつふつとわいていた疑問を質問してみました。

先生のお話は多岐にわたるので、また講を改めるとして、なるほどと思ったのは、「病は人を選んでいる」というお言葉。逆に言えば「選ばれる」体になってはいけないということ。選ばれない為にはどうしたらいいかと言えば、それは「食生活をきちんとする」事に尽きるということでした。ではどのような食生活がいいのか。それは、食物の陰陽をわきまえ、その命をきちんといただく、食養の考え方に基づいた食生活、基本的には玄米と塩、味噌、醤油での質素な暮らしです。

医療で人は治せない、食事が造った病気であるならば、食事で直すしかない、これは本当にそう思います。

亡き母は、現代医学を信じて、医療の措置にかけましたが、それでも北島先生のお作りになった有精卵を使った卵醤(生の有精卵に天然塩で長期醗酵させた醤油を混ぜたモノ)と玄米食を毎日いただくことで、医師が告げた余命を遙かに超えて闘病生活を戦い抜きました。その驚異的な生命力にはやはり、食生活の貢献もあったと思っています。

ここまでで、体重53.2、体脂肪率24.5というところです。空腹感はほとんどありません。とにかく眠い…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽に弁護士法人DREAMまでお問い合わせください。

03-5577-2844

メール問い合わせ