相続が起きたら、誰がどれくらいもらえるの?

遺産分割

~相続人は誰なのか、相続分はいくらなのか~

人が亡くなったとき、法は、誰が相続人になるのかと、いくら相続をするのかを比率により定めています。

もちろん、遺言があれば、それに従って遺産分割がされますが、そうでなければ、この法の定めに則って決めていくことになります。

そこで、今回は、法定相続人とそれぞれの法定相続分について、解説します。

1 法定相続人とは

法定相続人とは、法律によって遺産相続権があると決められている人のことです。

たとえば、ある男性が亡くなったとき、男性の妻と子どもたちと孫、男性の父母と兄弟姉妹、甥姪など、いろいろな親族がいることがあります。この中で、相続人になることができる人が法定相続人であり、法定相続人には順位があります。

自分より上の順位の法定相続人がいればその法定相続人が優先されますが、上位の法定相続人が亡くなったり相続放棄したり廃除されたりして相続人でなくなった場合には、後順位の自分が繰り上がって法定相続人となります。

2 法定相続分とは

法定相続分とは、それぞれの法定相続人の遺産の具体的な取り分(割合)のことです。

法定相続人が決まっても、それぞれがどれだけの遺産を取得するのかと言うことは必ずしも明らかになりません。

たとえば、妻と子どもが法定相続人となる場合、妻と子どもがそれぞれどのくらい遺産をもらえるのか、子ども2人が法定相続人となる場合や妻と親が法定相続人になる場合とは取得割合が異なるのかなどが問題となります。

法律は、このような各法定相続人が取得できる具体的な取り分についても定めており、その割合のことを法定相続分と言います。

3 法定相続人になる人

わかりやすく理解するコツは、相続人となるものには、配偶者ラインと、親族ラインの二種類があるとまず理解することです。法の定め方は、親族ラインは、子だとか親だとか兄弟だとかいろいろな親族がいますので、それを優先順位で決めていますが、配偶者については、いれば常に相続人となるわけですから、親族ラインと共存するわけです。

そのため、配偶者ラインと、親族ラインが比率で割り振られるのだと思っておけばいいということになります。

相続ライン

3-1. 配偶者は常に相続人になる

上記のとおり、被相続人(亡くなった人)に配偶者がいる場合、配偶者は常に法定相続人となります。配偶者ラインの確定です。

3-2. 子どもは第1順位の法定相続人

被相続人に子どもがいる場合、子どもが第1順位の法定相続人となります。親や兄弟がいても、子供がいる限り、他の親族は登場してきません。親族ラインは子供で排他的に確定するわけです。

というわけで、先の配偶者ラインと合わせて考えると、配偶者と子どもがいる場合には、親がいようが兄弟がいようが、配偶者と子どもだけが法定相続人となります。配偶者がいない場合には、子どもだけが法定相続人となります。子どもが複数いる場合には、複数の子どもが全員法定相続人となります。

3-3. 親は第2順位の法定相続人

親族ラインで、第1順位だった子どもがいない場合には、第2順位である親が法定相続人となります。親族ラインは親で排他的に確定するわけです。

先の配偶者ラインとあわせると、配偶者と親だけが法廷総則人となります。親が2人とも生きている場合には2人とも法定相続人となります。

3-4. 兄弟姉妹は第3順位の法定相続人

親族ラインで,子供も親もいない場合には、兄弟姉妹が第3順位の相続人となります。

先の配偶者ラインとあわせると、配偶者と兄弟姉妹全員が法定相続人となります。

3-5. 代襲相続について

法定相続人を理解する上で、「代襲相続」のことも知っておく必要があります。

代襲相続とは、相続人が被相続人より先に亡くなっている場合などに、相続人の子どもが代わりに法定相続人になることです。亡くなって穴があいた系列をスキップしていく制度だと思えば理解しやすいかと思います。

たとえば、子どもが先に亡くなっている場合でも、孫がいたら、孫が代襲相続によって祖父の法定相続人となります。

代襲相続が起こるのは、子どもや兄弟姉妹が被相続人より先になくなっているケースです。つまり、孫や甥姪が法定相続人になれるということです。

子どもも孫も先に亡くなっている場合には、再代襲相続によって、ひ孫が法定相続人となります。

ただ、兄弟姉妹の場合には、再代襲相続はないので、甥姪の子どもに相続権はありません。兄弟姉妹の場合、本人との血縁関係が薄いので、代襲相続は1代限りになると言うことです。

なお、上に遡っていくために代襲相続とは異なりますが、被相続人より親が先に亡くなっていて祖父母が生きている場合には、祖父母が法定相続人となります。

4 法定相続分

次に、それぞれの法定相続分を見てみましょう。

(1) 配偶者ラインにしか、相続人がいない場場合

  • 配偶者のみが法定相続

    配偶者のみが法定相続人ですので、配偶者が全部の遺産を相続します。

(2) 親族ラインにしか相続人がいない場合

  • ① 子どものみが法定相続人

    親族ラインで子どもだけが法定相続人になる場合、子どもたちの頭数で相続分が割り振られます。

    たとえば3人の子どもが法定相続人の場合、それぞれの法定相続分は3分の1ずつとなります。

  • ② 親のみが法定相続人

    親のみが法定相続人になる場合、親が1人なら全部相続しますし、親が2人なら、相続分は2分の1ずつとなります。

  • ③ 兄弟姉妹のみが法定相続人

    兄弟姉妹のみが法定相続人になる場合、それぞれの法定相続分は兄弟姉妹の人数によって頭割り計算されます。

    たとえば、兄弟姉妹4人が法定相続人になる場合、それぞれの法定相続分は、4分の1ずつとなります。

(3) 親族ラインと配偶者ラインが共存する場合

この二つのラインが共存する場合に備えて、法はそれぞれのラインの法定相続分の比率を打定めています。

  • ① 配偶者と子どもが法定相続人

    配偶者と子どもが法定相続人になる場合の法定相続分は、配偶者が2分の1、子どもが2分の1です。子どもが複数いる場合には、子供の法定相続分である2分の1をさらに、子どもの頭割りで分けていきます。

    たとえば、配偶者と子ども2人がいる場合、配偶者が2分の1、子ども1人については2分の1×2分の1=4分の1ずつとなります。

    法定相続分比率例01

  • ② 配偶者と親が法定相続人

    配偶者と親が法定相続人になる場合、配偶者が3分の2、親が3分の1の法定相続分となります。親が2人いる場合には、親の法定相続分が2分の1ずつとなります。

    たとえば、配偶者と親2人が相続人になる場合、配偶者の相続分が3分の2、親1人の相続分が3分の1×2分の1=6分の1となります。

    法定相続分比率例02

  • ③ 配偶者と兄弟姉妹が法定相続人

    配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となる場合、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1の法定相続分となります。兄弟姉妹が複数いれば、その数に応じて兄弟姉妹の相続分が割り振られます。

    たとえば、配偶者と兄弟3人が法定相続人になる場合、配偶者の相続分は4分の3、兄弟姉妹それぞれの相続分は、4分の1×3分の1=12分の1ずつとなります。

    法定相続分比率例03

(4) 代襲相続の場合の取り扱い

代襲相続が起こる場合の代襲者(代襲相続する人)の法定相続分は、被代襲者(代襲相続される人)のものと同じになります。

たとえば、子どもが先に亡くなっていて、孫が代襲相続する場合、孫の法定相続分は子どものものと同じです。孫が複数いれば、子どもの法定相続分を孫の人数に応じて頭割り計算します。

たとえば、子ども2人(長男と次男)がいましたが、長男が既に死亡していて長男の子ども(孫)2人が代襲相続するケースを考えてみましょう。

このとき、長男と次男の法定相続分は2分の1ずつです。孫2人が長男の法定相続分を引き継ぎますが、孫は2人いるので、それぞれの法定相続分は2分の1×2分の1=4分の1ずつとなります。

そこで、このケースでは、孫がそれぞれ4分の1ずつ、次男が2分の1の法定相続分によって、遺産を相続することになります。

5 まとめ

以上のように、法律では各ケースで適用出来るように、法定相続人と法定相続分を定めています。

遺産分割する場合には法定相続人全員の参加が必要ですし、法定相続分に応じて分割することが多いです。

遺産相続が起こったとき、誰が法定相続人になるのかわからない場合や、自分たちで話し合っても法定相続分の計算方法などがわからないときには、弁護士に相談してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽に弁護士法人DREAMまでお問い合わせください。

03-5577-2844

メール問い合わせ